チタジュウグループロゴ

新着記事

コメント

隈さんの話し

 

こんにちは 横山です

 

寒い日が続きますが
私も趣味の釣りに行きたいという気持ちが
年を取るにしたがい、寒さにだんだん意欲が減少してきてしまいます
情けないですが、もう少し暖かくなったら行きたいと思っています

 

さて
先週末に仕入れ先であるナイス様の後援で
東京品川で 「新春、経済講演会」 を開催しましたので
参加してきました

 

平成29年1月新春講演会、式次第

 

その中で
2020年、東京オリンピックの会場になる 
「新、国立競技場」 を設計された、隈研吾さんのお話を聞く事ができました

 

平成29年1月新春講演会、隈研吾講演

 

世界的な建築家でもある隈さんは
日本の長い歴史の中での、木造建築の素晴らしさを熱弁していただきましたが
私たち木を扱う専門家でも全く知らなかった木や日本建築の特徴を教えていただきました

 

例えば
京都、東寺の五重塔
下から見ると小口を白く塗った垂木
あの長い庇を支える垂木ですが
実はあの垂木、中に隠れている部分がそうとう有り
小口が傷んだり、腐ったりすると奥から垂木を出して
小口を切って、色を塗り、そのまま使う仕掛けがあるそうで
コンクリートのように、一度作ったものは部分的に使えることは中々出来ませんが
材木の場合は、部品を変えることにより、東寺のように1400年以上も保たせることが出来るのです

 

また
木材というより、木の強さを証明したのは、神宮外苑の木々だったそうです
大東亜戦争でアメリカ軍が東京空襲をする時に、日本の象徴的な明治神宮を焼野原にするために
焼夷弾をそこだけで1500発も落としたそうですが、最後まで燃やすことが出来なかったそうです


私たちの日本は
国土の70%を森林に囲まれ、その多くが資源として使われていない現状を見ると
木材自給率100%にすることが、国内需要と共に国を豊かにすることではないでしょうか

 

 

  平成29年1月新春講演会、デスカッション

 

そのあとのパネルディスカッションでは
業界のトップメーカーさま、商社さまによる
今年の見通し、業界の方向性、それぞれの会社さまの目標などをお話していただきました

 

 

平成29年1月新春講演会、各社社長

 

その中で私が感じたことは
私たち住宅業界だけでなく
良い悪いに関係なく、確実に時代の変化にさらされつつあること
その変化についていけない企業、或いは個人は、淘汰されること
非常に冷たい言い方かも知れませんが、現実はそんな時代になっていくのです

 

私たちチタジュウグループは
お客様ファースト、地域貢献ファーストを合言葉に、豊かな生活と、豊かな住空間を目指して参ります
皆さまの意見を取り入れながら、色々なご提案してまいりますので、どうか宜しくお願い致します

 

 

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスは非公開です


*