チタジュウグループロゴ

新着記事

コメント

休日を満喫

 

 

こんにちは 横山です

 

少し前ですが
静岡県の駿河湾のど真ん中
石花海(せおうみ)という漁礁にイカ釣りに行ってきました
その日は天気も良く、富士山の裾野から頂まで見え
それだけでも、この釣り場に来た甲斐があるくらいでした

 

%e7%9f%b3%e8%8a%b1%e6%b5%b7%e3%80%81%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1

 

釣りと言ってもいろいろな釣りがあります
川釣りの代表は 「アユ釣り」 でしょうか
縄張りから、他のアユを追い出す習性を利用し、おとりアユにきっかけ針を付け
体当たりしてきたアユをその針のエジキにする釣り

 

海釣りでも
海岸や堤防から、餌の付いた針を遠くに投げて釣る 「投げ釣り」 や
餌木(エギ)と言って偽物の餌でイカやシーバス(スズキ)などを釣る釣り方もあります
また、夜釣りも、いろいろな魚が釣れて楽しい釣り方の一つです

 

その海釣りの中でも船釣りは
魚種の多さ、釣り方の多さ、釣れる確率の高さ、魚の大きさなど
どれをとっても、釣りの中では、王道と言っても過言ではありません
但し、船酔いされる方にはちょっと無理かも知れませんが・・・

 

私も、船での海釣りにはまっていますが
今、一番はまっているのが、イカ釣りです
釣友からも 「ヒラメ釣り」 とか 「鬼カサゴ釣り」 とか 「カサゴ釣り」 など
いろいろお誘いを受けますが、スケジュールを理由に3回に一度しか付き合わない為
最近では、お声掛けが少なくなりました
でも、イカ釣りは 「もちろん行きますよ!」 と快い返事で返します

 

%e7%9f%b3%e8%8a%b1%e6%b5%b7%e3%80%81%e8%88%b9%e3%81%b9%e3%82%8a

 

駿河湾のど真ん中
東に伊豆半島の先端、西に御前崎を望む釣り場の石花海(せおうみ)は
1000m以上ある駿河湾の海底から100m位まで隆起した漁礁で
魚の豊富な静岡でも有数の魚場となっているところです
そこに、11月から3月くらいにかけて、ヤリイカがやってきます
プラヅノという小魚に似た疑似餌を、5本~7本付けた仕掛けは、全長は10mにもなりますが
それを、200mの海底近くに落とし、ヤリイカが小魚と間違えて抱き付き、針にかかって釣れてくる漁法です

 

勿論、食べておいしいのですが
一番の面白いさは、針にかけるまでのやり取りにあります
こればかりは、実際やってみないとわかりませんが本当に面白いのです
お腹が空くのも忘れてひたすら釣りつづけ、気が付くと帰りの時間になっていた事も何度かあります
かといって、そんなに釣れるわけでもありません せいぜい 「つ抜け」 すればよしとしています
「つ抜け」 とは数を数えていくとき、ひとつ ふたつ みっつ と数えていきますが
ここのつ の次が とう(十) つまり つ抜けとは 釣り用語で、10以上釣れた時に使います

 

 

みなさんの中で
ご一緒させていただく機会がありましたら是非、お誘いください
自分では、釣りキチとは思っていませんが
ご一緒して、楽しい時間を共有できたらと思っています
正月そうそう、趣味の話で申し訳ありませんでした

 

 

 

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスは非公開です


*