チタジュウグループロゴ

職人経営者と真の経営者

 

 

こんにちは 横山です

 

 

※ 職人は「自分が主役」と考え、経営者は「社員が主役」と考える

※ 職人は「仕事のやり方」を考え、経営者は「事業の目的」を問う

※ 職人は「今を積上げ」、経営者は「未来から逆算する」

※ 職人は「細部に拘り」、経営者は「全体を見渡す」

※ 職人は「自分の限界」で戦い、経営者は「組織の限界」で戦う

 

 

これは
私が尊敬する横浜総合事務所の泉先生のコラムに掲載されていた言葉です
先生のコラムには、いつも勉強させられたり、共感したりと、楽しく拝読させていただいていますが
改めて、考えさせられます

 

中小企業での経営者で、多くが、この職人的経営者だと思うのです
当然でしょう、高度成長の時代、自分で起業し、自分が先頭に立って売上を伸ばし
その職人的才能によって会社も成長を続けた

 

ただ、泉先生もおっしゃっているように
経営者自身の限界が達したときに会社の成長も止まってしまう
そして、自分が培ってきたビジネスモデルも、時代変化の中で通用しなくなると
それまで職人的経営を続けてきたことで、真の経営をしてこなかったツケが一気にくる

 

職人という定義が難しいですが
例えば弊社で言えば、営業職、事務職、業務職などがあります
その中には、それぞれ管理職も兼任している職員もいますが
私も含め、他の経営者(取締役)も、それぞれの職域の中から、選ばれた人々です
ですから、下積みから携わってきた、職人経営者とも言えるのです

 

特に
職人は「自分を主役と考え」、経営者は「社員が主役」と考える
このことについては、優秀だった社員ほど、他の意見にも耳を傾けず
自分の考えを押し付け、自分が正しいと判断してしまう傾向にあります

 

 

私自身、優秀な社員ではありませんでしたが
でも、泉先生の、このコラムの言葉に反省しきりです
これからの時代変化の中で、社員を第一に考え、どう成長していけるか
経営者たち(役員)と共に考え、行動したいと思っています

 

 

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスは非公開です


*