チタジュウグループロゴ

師と出会える運

 

 

こんにちは 横山です

 

 

本当に情けない
いかに運動不足かと反省していますが
先週、木曜日、ぎっくり腰をやってしまいました

 

30年以上前に木材を持ち上げようとして痛めた腰は
数年に一度、何の前触れもなく、私の腰を容赦なく痛めつけます
何て、かっこいい言い方してますが、要は、ただの運動不足に過ぎません

 

本当に情けないのですが、腰に力が入らないと何もできません
トイレ、風呂、座る、寝る、すべて、物につかまらないと出来ないのです
少し前なら、2~3日我慢してたら治ってしまいましたが、今はそうはいきません
きちっと医者に行って治療します

 

さて、昔の話になりますが
私が今の会社の前身である日比野建材に入社したのは
ただ単に、面白そうな仕事ということだけで、この会社に入りました
前の仕事が、工場の中だけで、外へ出たり、人と話す仕事では無かっただけに
新建材をトラックで配達する仕事と聞いて、即、転職しようと思ったのです
私が入社した当時は高度成長の真っただ中で猫の手でもお金を払う
というぐらいの時代で、学歴? コネ? そんなの関係ねぇ~ 面接、即採用という時代です
だから、面白ければそれでいい
自分を磨こうとか、自分から勉強しようとか、仕事を早く覚えようとか
そういったことは考えず、ひたすら仕事と遊びに明け暮れていました

 

もちろん、若さもありましたが
人より少しだけ頑張れが必ず結果がでる時代
努力ではなく、楽しく仕事をしていれば成果が出た時代
隣の人が10円儲かれば、自分も10円儲かった時代
そういう時代であったことに、今は感謝しなければなりませんが
時代が変わり、努力しても、運が無ければ上手くいかなくなった現在
すべてのことに、努力だけでは報われない時代に変わったきました

 

その中で
私自身を振り返ったとき、本当に運が良かったと思うことがあります
それは、優れた経営者、指導者に出会えたことです
1人は、先代の経営者、日比野正雄さん、1人は、経営理念を教えてくれた、戸敷進一さんです

 

先代の日比野さんは
経営の基本をとことん学ぶことが出来ました
会社は社員のものであって、経営者や経営者の親族のものではない。
無駄にすることは悪であり、儲けることは善である。人への投資は惜しむな。
当たり前のことかも知れませんが、これを常に経営の中から学ぶことで来たのです

 

戸敷先生は、時代変化の中で、これからの経営の方法、経営理念などを
私だけでなく、幹部、社員に至るまでわかりやすく教えていただきました

 

もちろん、これを受け入れる素地は必要だと思いますが
でも、こういった人が、人生の中で出会えることは多くはないと思います
だから、私は運が良いと思うのです

 

何度も叱られ、「君はクビだ!」 とも言われ
「くそったれ!」 と腹を立て、それでも我慢して仕事に励み・・・
いま振り返ると、経営者として当たり前のことを言っていた先代の日比野さん
先代から会社を委ねられ、どうしたらいいかわからない時に、偶然に出会った戸敷先生
「会社の行先はどこですか?」 と尋ねられ、何も答えられずにいた自分を
今では明確に経営者として答えられるようにしていただいたのも戸敷先生です

 

でも、これだけは言えると思います
運も掴もうとしなければ、それは逃げていきます
チャンスがあったり、出会いがあったら、躊躇うことなく掴む
これが一番大切なことではないでしょうか

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスは非公開です


*