チタジュウグループロゴ

新しい部屋の神棚

 

こんにちは 横山です

 

慰安旅行から帰ってきて一週間
仕事のほうもやっと日常のリズムが戻ってきつつありますが
私自身、新しい部屋に引っ越して日が浅いせいか
真新しい部屋は何となく落ち着くことが出来ないでいます

 

そんな中でいち早く部屋に設置したものがあります
それは 「神棚」 です

 

そして、出社した日は必ず毎朝、お参りをしています

 

image

 

私は宗教の信心はあまりありませんが
でも、日本の「神道」(しんとう)の考え方や行事には
大袈裟に言えば、人間として
また日本人としての生き方を教えていただいているように思えるのです

 

神道は
日本の生活、習慣、思想、文化の源であり
明治以降、国際社会の一員になったことで神道を整理し
伊勢神道、神社神道、皇室神道になりそれぞれの作法が確立されたとなっています

 

神道には教義もなく教祖もいません

 

すべてのものに
すべての動物や植物などの命をいただくことにより生かされ
海や山、岩や木々までもが神様が宿る
自然の中で生かされていることをすべての物や生き物に感謝する心
それが神道だと私は思っています

 

神道の教義も教祖もそれは自分自身であり
自分の中にあるものではないでしょうか

 

毎朝、神棚に手を合わせ
「神様、今日も一日よろしくお願いします」 
ただ、それだけのことですが、なんとなく一日気持ちよく仕事ができるのです

 

 

 

コメントをどうぞ!

メールアドレスは非公開です


*